大入りドットコム
演劇文化団体
いいだ市民劇場

事務局
飯田市高羽町3-5-6
Tel.0265-24-9865
昼15:00~18:30受付
土日・祝日は休み

≪サイト管理≫
更新情報

当サイトはLink Freeとしています。 www.o-iri.com/isg/ にリンクいただける限り、事前・事後を問わず無許可で構いません。

specal thanks
牛飼いとアイコンの部屋

(C)いいだ市民劇場
Since 1985/12/09

生の舞台劇の感動を、仲間と一緒に楽しもう!!
あなたも、飯田へ演劇を呼び・観る仲間に!!

↓↓市民劇場の次なる例会は↓↓


第146回例会
青年劇場公演

臨界幻想2011

2016年6月28日(Tue)

開演◆18:30(終演予定:20:55)
会場◆飯田文化会館

作 ◆ふじた あさや
演出◆ふじた あさや
主演◆藤木 久美子
  ◆中川 為久朗
  ◆大月 ひろ美

あらすじ◆
時――現在、もしくはかつての未来
ところ――主に日本のどことも知れぬ地方の原子力発電所とその周辺
 青年が死んだ。死因は心筋梗塞。26歳。未来産業と憧れ、原子力発電所に就職して7年目のことだった。周囲の人間はただの病死と納得し、失意の恋人も新しい人生を選び直そうとしていた。
 その折も折、遺された母親のところへ、労働者被曝の調査に訪れた者があった。「息子さんの死は、原発と関係があるんじゃありませんか」息子の本当の死因は何だったのか、真相を追い求める母によって、隠されていた事実が次々と浮かび上がる。そして・・・。



第147回例会
イッツ・フォーリーズ公演

ミュージカルコメディー

死神

2016年9月13日(Tue)

開演◆18:30(終演予定:20:45)
会場◆飯田文化会館

作 ◆(原作)今村 昌平
演出◆鵜山 仁
主演◆左 とん平
  ◆北川 理恵
  ◆茂木 沙月

あらすじ◆
 金もない、女に持てない、さえない葬儀屋の主人、早川実は、若い女房タツに仕事も家庭も夜の営みもダメだダメだと責められている。ある日見たこともない美女が葬儀屋に現れ、自分は死神だと名乗り、金儲けの手助けをすると言われる。病人の頭に自分がいる時はその患者は死ぬが、足元にいれば助かると教わる。但し、その代償として自分を抱いてほしいと約束させられた。半信半疑で、死にそうな社長のところに出向き、あっという間に死んだ社長をベッドごとくるりと回転させると不思議に生き返り、すっかり元気な姿になっていた。ふんだんな謝礼をもらった早川は、次々と死人を生き返らせていった。しかしそれは…



第148回例会
青年座公演

横濱短篇ホテル

2016年12月19日(Mon)

開演◆18:30(終演予定:)
会場◆飯田文化会館

作 ◆マキノノゾミ
演出◆宮田 慶子
主演◆加門 良
  ◆横堀 悦夫
  ◆大家 仁志

あらすじ◆
物語は、横浜の老舗というべきホテルを舞台に7つの短篇で構成される。
第一話は1970年の客室。映画監督とプロデューサーが新作映画の打ち合わせ中に、高校演劇部のハルコが突然飛び込んでくる。「私できると思います」彼女は女優になりたいと必死に訴えるのだが…。第二話は1975年のホテルの喫茶室。フミヨは、自分が書いたシナリオの感想を映画監督に聞くのだが「まだまだ使い物にならないね」と酷評されてしまう。
その後、女優とシナリオライターと成功する同級生のハルコとフミヨを軸に、結婚や離別、友情や嫉妬など、5年ごとに時代を追って現代まで、二人女性の人生が交錯する様を描く。7話がそれぞれ独立した短篇でありながら、観劇後はネックレスのように全てが繋がって一つのドラマになる。



第149回例会
シーエイティプロデュース公演

さくら色 オカンの嫁入り

2017年3月13日(Mon)

開演◆18:30(終演予定:)
会場◆飯田文化会館

作 ◆咲乃 月音
演出◆西川 信廣
主演◆佐藤 アツヒロ
  ◆熊谷 真実
  ◆荘田 由紀

あらすじ◆
――ある日、酔っぱらったオカンが若い男を拾ってきた。
「今夜はね、おみやげあんねん。」
「分かった分かった、明日いただきます。」
「あかん、ナマモノやから、あかん。」
……どちらさん?
「オカンな、この人と、結婚しよ思うてんねん。」
――え?

テカテカの、いかにも安ものの真っ赤なシャツに今どきリーゼント頭の捨て男(研二)を連れてきたオカン。強烈なその男の登場は、オカンと娘・月子、そしてオカンの過去を知る隣人・サク婆、愛犬・ハチへと波紋を広げ、3人と1匹の穏やかな日常を静かに変えていく。板前だった祖父・服部の血を引く研二の作る温かい料理。それはオカンと娘・月子をとりまく人々の心を徐々に溶かしていく。